口腔外科

口腔外科とは

口腔外科とは

むし歯や歯周病とは異なる原因で痛みがある症状、顎の機能面に対する歯科治療を行います。
主に親知らずや口内炎、顎関節症や事故やケガによる歯の破折や口の中の裂傷などが挙げられます。
原賀歯科医院ではしっかり検査と診断の上、外科的治療が必要かどうか判断をしてご説明をさせていただきます。また、外科手術を行う際には麻酔などの薬剤用いることも多いため持病のある患者さま(心臓病や糖尿病など)は十分な配慮が必要になるので、必ずお伝えいただくようお願いをしております。状況によっては連携している熊本大学病院を紹介させていただく場合もございます。

親知らずについて

親知らずの痛みや違和感でお悩みはありませんか?

親知らず

現代の日本人は顎が小さくなっており、親知らずの歯(第三大臼歯)の生えるスペースの不足により正しい位置に生えないことが増えてきています。
そのため、前の方に傾いたり、横向きに生え一部だけしか出てこず、骨や歯茎の中に埋まったまま、親知らずの歯がちゃんと出てきていない場合があります。このような場合、歯茎の隙間に細菌が侵入することで歯茎が化膿したりトラブルを抱えやすくなります。
また、親知らずの歯が原因で周囲の歯が圧迫されてしまい、歯並びが悪くなり、隙間にむし歯ができやすくなります。

親知らずを抜歯するケースとしないケース

親知らずを抜歯するケースとしないケース

当院では一般的な抜歯する場合と抜歯をしない場合についてご紹介します。
抜歯をするかしないかは診察してみないと判断できませんので、まずは一度ご来院ください。

抜歯するケース
  • 曲がったり横を向いたり、歯磨きでブラシがちゃんと届いていない場合
  • むし歯や歯周病になっているか、なる要因の生え方をしている
  • まわりの歯を圧迫してしまい、歯の痛みや歯並びを乱すおそれがある
  • 親知らずについて
  • 親知らずについて
  • 親知らずについて
抜歯しないケース
  • 正しくまっすぐ生えており、問題がない
  • 妊娠中もしくは、授乳中である

顎関節症について

顎関節症

「口を大きく開けられない」「食いしばりや歯ぎしりの癖がある」「歯並びや噛み合わせが悪い」など、癖やストレスが原因で顎に必要以上の負担をかけてしまっていることがあります。
それらの要因が複数に重なってしまい、顎関節症のきっかけになると考えられています。

顎関節症の治療法

顎関節症治療には、マウスピースを使って顎の位置を矯正する「スプリント療法」を行っております。

スプリント療法は患者さま一人ひとりに合わせたマウスピースを作り、顎関節症の改善と緩和を図りながら調整をしていきます。マウスピースは簡単に取り外すことができるので、ご自宅でご利用いただけます。

※気道を広げる効果もあるので、いびきの改善にも有効な場合があります。

一番上に戻る
  • TEL.0968-25-0202
  • お問い合わせはこちら
9:00-12:30(木・土は 8:30-12:30)/14:30-18:30 ※休診…木曜午後、土曜午後、日曜、祝日
  • 原賀歯科医院
  • 交通案内
  • スタッフ募集スタッフ募集