入れ歯(義歯)

こんなお悩みありませんか?

  • 入れ歯を作ったけど、合わなかった
  • 以前作った入れ歯が壊れてしまった
  • 思ったように噛めない
  • 金属の入れ歯は見た目が気になる

ご要望に沿える最適な入れ歯のご提案をします

ご要望に沿える最適な入れ歯のご提案をします

「入れ歯」にも様々な種類のものがあります。
まずは、よく耳にされる機会も多い「部分入れ歯」と「総入れ歯」。これは、歯の欠損の数(補う歯の数)による分類になります。
次に、使用する材料によっても種類があります。
保険診療の範囲でも機能的な入れ歯の作製は可能ですが、より機能的、審美的な入れ歯を作製するために、保険診療のものとは異なる材料で作製する自費診療の入れ歯もあります。
 原賀歯科医院では、はじめにお口の状態を確認し患者さまの現状について伺います。 「入れ歯を作ろうか悩んでいる」、「今の入れ歯が合わなくて」、「強く噛むと痛くて固いものを食べるのが億劫」など、患者さまが今抱えているお悩みをお話しください。また「もっと入れ歯の床を薄くしたい」「入れ歯に見えない自然なものがいい」など、今後患者さまが理想とする入れ歯についてもお話しください。当院では、患者さま一人ひとりに最適な入れ歯をご提案するために、それぞれの材料や種類に対してのメリットとデメリットをわかりやすくご説明します。

原賀歯科医院の入れ歯の特徴

その入れ歯本当に噛めていますか?

当院では、「前歯でも噛める入れ歯」作りに力をいれています。特に総入れ歯を使用されている方の中には「入れ歯でりんごやおせんべいを噛もうとすると入れ歯が外れそうになるから、なるべくかぶりつかないようにしている」というお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
前歯でおせんべいにかぶりつけるような入れ歯を作っているので、入れ歯でもしっかり食べる事が可能となります。

舌圧測定器

原賀歯科医院では入れ歯が完成して「痛くない」だけではなく、どれだけ噛めるのかという機能面も重視しています。「よく噛める」ためには歯の数を揃えるだけではなく、口の周りの筋肉や、下の動きが大切です。
噛む力、飲み込む力がどうなのか、当院では必要に応じて舌圧測定器などを用いた検査を行い、出された数値を元にその人にあった、ちゃんと機能する「噛める入れ歯」を作って行きます。

入れ歯もメンテナンスが大事です

入れ歯もメンテナンスが大事です

入れ歯を作った後で1番大切なのは、微調整です。
実際に使い始めて、痛かったから1回か2回しか使っていないとお声もありますが、新しい革靴を履いた時にできる靴ずれのように、始めは擦れたりして痛くなる事があります。
入れ歯完成後、ご自宅で実際にお食事や会話などに使用し、「どんな時にどこが痛かったのか」を来院時に教えて頂き、それを踏まえて微調整をする事で段々と痛みがなくなりしっかりと噛める様になります。
また、ご自宅での入れ歯の洗浄を毎日する事も大切ですが、定期的な調整を行う事によって、いつまでも噛める入れ歯で快適に過ごす事ができるので、入れ歯の定期的なメンテナンス(調整)をおすすめします。

入れ歯の種類

保険の義歯

健康保険の範囲内で作成する入れ歯です。
保険適応出来るため安価に作ることができますが、噛み心地や見た目までのカバーが出来ないことが特徴です。

 

金属床

入れ歯の土台の床部分が金属で作成されています。
金属ならではの薄い仕上がりは違和感を少なくし、お口の中を広く感じさせ、熱の伝わりの良さで一層おいしく食事を楽しむことができます。

 

ノンクラスプデンチャー

入れ歯を固定する金具(バネ)を使わずに作る、美しく自然な見た目の入れ歯です。
材質はプラスチック。金属製のバネを使用せず、プラスチック製の床で入れ歯を支えます。

 

一番上に戻る
  • TEL.0968-25-0202
  • お問い合わせはこちら
9:00-12:30(木・土は 8:30-12:30)/14:30-18:30 ※休診…木曜午後、土曜午後、日曜、祝日
  • 原賀歯科医院
  • 交通案内
  • スタッフ募集スタッフ募集